どれぐらい稼いでる?税理士の年収相場

意外と知らない税理士の相場

税理士は毎日何をしているか

主な作業と独占業務

一番多く、新人もベテランも問わずに行っている作業は、やはり税務に関する作業ですね。
やはり税理士なので、税に関わることが大半なんですね。
具体的な内容は、納税者の代わりに申告をする税務の代行や提出用の税務書類の作成、そして自分が請け負っている会社や個人の税務相談などが多いですね。
この三つはいわゆる「独占業務」と言われており、税理士のみに許された重要任務です。

また、大きな会社の専属だったり、高額納税者の担当を受け持ったりしていると、法人税や事業税、所得税の申告などの業務代行を代理で請け負ったりしています。

税金のプロフェッショナルなだけあって、クライアントの依頼には全力でお答えしていますので、安心して依頼出来ますね。

中にはこんな業務も

実はほとんどの税理士は独占業務以外のお仕事も担当しています。

最近増えているのは、経営コンサルタント的な役割をすることですね。
どんなことなのかというと、クライアントに節税対策や資金繰りの助言をしたりしています。

また、企業の経営相談にも乗ったりしています。
普段は専属契約を結んだクライアントの元を定期的に訪れ、税務処理や経営に関するアドバイスを行います。
クライアント側は数字のプロフェッショナルでもある税理士に売り上げや諸経費が記された帳簿を見せて、経営計画のアドバイスをしてもらいます。
その時に税理士は節税対策などをアドバイスしたりしますが、それが結果的にクライアントの収益を伸ばしたりしています。
まさに企業にとっては縁の下の力持ちですね。


この記事をシェアする