どれぐらい稼いでる?税理士の年収相場

意外と知らない税理士の相場

稼いでる?稼いでない?税理士の意外な事実

まずコラムを進める前に税理士という職業がどんなものなのか、税理士になるにはどうしたらいいのかを簡単ですがお話します。 これさえ理解していればここからの文章の内容についていけると思います。 そして税理士という職業に興味が出てくるかもしれませんよ。

税理士は毎日何をしているか

税理士という職業がどのようなものなのかが何となくわかったところで、今度は税理士がいつもどのような仕事をしているのかをお話します。 だいたい想像がつくのもあるでしょうし、全く思いもよらなかったこともしていたりするので、結構面白かったりしますよ。

一体どれくらいもらえるか

税理士の収入はどれくらいなのか? どんな職業でも収入は気になりますが、特に資格がないと出来ない職業の年収は気になるところですね。 一言で言うと、どのような立場で働いているかでかなり差があります。 それでは平均年収も含めて、立場、状況による税理士の収入を推測していきましょう。

税理士をわかりやすく説明すると

この不景気のなか、身元がしっかりした堅い職業や資格を持っている人が安泰とされています。
例を挙げるとお医者さんや弁護士さんなどがそうです。

そんな中で最近注目されているのが、税理士という職業です。
しかし、はたして本当にそうなんでしょうか?

税理士になるには、税理士になるための国家試験に合格しなくてはなりません。
そして、それは当然のことながら難しい試験だと言われています。
学歴は問われませんが、試験の難しさからいうとやはり有名大学を卒業した人が多く受験しているようです。

また、これも弁護士や検事になりたい人たちと同じように、受験する前には、税理士事務所で働いて、実践により知識や実務を勉強する人がたくさんいます。
大学などを卒業して、すぐに受験をして税理士になる人は少数派だということですね。

気になる収入ですが、これだけ難しい資格ならばかなり良いだろうと思うところですが、どこかの税理士事務所に雇われているか、独立してフリーランサーでやっているかで、かなり違ってきます。

また、一言に税理の仕事といっても、さまざまあります。
いち個人の確定申告をすることもあれば、会社などの大きな組織と提携して、そこの税金部門に関する書類を手がけたり、あるいはそういった人たちに対してコンサルタント的な仕事をするときもあります。

上記のように、一生懸命勉強して税理士になれたとしても、その後の立場や仕事の仕方で収入はかなり変わってくるといえるでしょう。